2013年10月04日

金融商品の性格<収益性>

今日は、

“収益性”

について学びましょう。


金融商品を利用して、

お金を働かす場合に、

利用するための判断基準を持たないと

判断出来ません。

そこで、

金融商品の性格を知るために

大きく3つに分けて

考えることにしましょう。


簡単に、

3つに分けるとするなら、

安全性

流動性

収益性

という、

基本的な基準があります。


「収益性」・・・といえば、

どれくらいの利回りや値上がり、

値下がりで、収益が見込めるか

ということです。


収益性は、

その金融商品で運用して利益が、

多いか?少ないか?ということです。

大事なお金を働かすわけですし、

多くの利益を期待したいところですが、

今までにお話した

「安全性」や「流動性」の面からも

考える必要があります。


最後に・・・

流動性、安全性、収益性の

ポイントを簡単にまとめておきましょう・・・


・安全性が高ければ・・・収益性は低い

・安全性が低ければ・・・収益性は高い

・流動性が高ければ・・・収益性は低い

・流動性が低ければ・・・収益性は高い


金融商品を、効率よく利用して、

バランスよくお金を働かすことが

必要となります。

安全性ばかりでは、

お金は、お昼寝、眠った状態ですよ。。。




posted by インストラクター at 12:00| お金の勉強