2013年09月11日

投資信託(3) 購入する商品のリスクは?


(3)購入する商品のリスクは?


同じ投資目的のファンドであっても、

投資対象や投資地域(通貨)若しくは、

投資手法等の運用の方法は、

ファンドによって異なります。


そして、

どう運用するのかということは、

同時にそのファンドのリスクと密接に

関係することになります。


その、

ファンドの主なリスクは何か、

リスクの水準はどの程度か、

ということを確認することは、

自分に合ったファンドを、

選ぶ上で欠かせません。


例えば、

投資信託の中には、

基準価額が株価指数の

2倍、3倍の連動率となることを

目指すファンドもあります。

このようなファンドは、

株価指数が上昇する局面では

基準価額の大きな上昇が

期待できますが、

反対に株価指数が下落する局面では

基準価額の下落も大きく

なってしまいます。


特に、

成長性を重視して

ファンドを選ぶ場合には、

ファンドのリスク水準が

自分の許容できる範囲かということに

注意する必要があります。

下落局面になって、

連日基準価額が下がり続けて、

夜も気になって寝むれないとか

仕事が出来ないとなっては困りますね。


お金学院の講座で勉強して・・・

投資信託を活用しましょう。。。

Tomokoの教室 Web





posted by インストラクター at 13:58| お金の勉強