2013年07月02日

保険会社 <お金の勉強>


いまさらながらですが、

保険会社で、

「生命保険」と「損害保険」

の違いはおわかりですか?


保険会社は、

保険業法とよばれる

業務範囲を規定している法律のもとで

免許を受け業務を営んでいる会社です。

保険会社は、

保険料として受け入れた資金を

貸付や有価証券投資によって運用するので、

有力な機関投資家です。


生命保険とは・・・

人の生死について一定の金額が

支払われるのが生命保険です。

代表的な保険では、

終身保険、定期保険、養老保険などです。


生命保険の「ほしょう」は、

保 障=保護して障害のないようにすること。

になります。


損害保険とは・・・

偶然の事故による損害を填補するのに

支払われるのが損害保険です。

代表的な保険では、

自動車保険、火災保険などです。


損害保険の「ほしょう」は、

補 償=与えた損害を補い、償うこと。

になります。


1996年4月から、

金融自由化を保険分野でも実施していくために、

新保険業法が施行されました。

それまでは、

生命保険業務と損害保険業務の兼営は、

認められていませんでしたが、

新保険業法の施行により1996年10月から

相互参入がはじまりました。

保険を理解して上手く活用するのも

お金を働かせる方法の一つです。


無駄な保険料を、

いつまでも払わないように気をつけましょう・・・


お金の勉強は・・・

お金学院の講座で勉強しましょう。







posted by インストラクター at 09:00| お金の勉強