2015年03月22日

お金の勉強・・・お金の仕事?


経済の中で、
お金は対価として動くものですが、
お金自身が仕事をすることで対価を
得ることがあります。



例えば、
身近で銀行預金することで、
その利息が得られるということは、
お金を預けたことによって得られる対価です。



簡単に言えば、
あなたに代わってお金が仕事をしたことで
得られる対価です。



これは、
お金を勉強する上で大変重要なことです。
そして、
お金が動くのには大原則があります。



お金の勉強で、
例えば、
A銀行の預金利息は1%、
B銀行の預金利息は2%とした場合、
預金の制度やシステムが同じなら、
あなたはどちらの銀行を選びますか?



当然、B銀行の2%に預金します。



これは、
お金の大原則に基づいて、
2%ということになります。



では、
ここでA銀行は1%の利息で、
いつでも払い出し自由です。



B銀行は、2%の利息で1年間は
払い出し出来ません。



という条件なら、
あなたはどちらを選択しますか?



また、
ここにC銀行が登場して、
1年間預ければ3%、
しかし、1年以内に払い出しすれば、
0.5%という選択肢が出来たら
どうしますか?



考えますね。



このような選択肢を自分に合った方法で、
選択できるようになることも、
お金の勉強の一つです。



また、
ここで大切なお金の動きには切っても
切れない関係のものがあります。
お金の勉強をしましょう。


お金の勉強は・・・
インターネット講座「日経新聞から学ぶお金の常識」
勉強したその日から、あなたは変わります。

「これから始めるFX」の勉強は・・・
お金学院 インターネット講座「FX講座e-LINE」
ドル/円「誰も教えてくれない法則」を勉強し、
FXをビジネスにしましょう。












posted by インストラクター at 18:38| お金の勉強