2015年02月09日

お金=社員

今回は「お金は社員」と言うお話を
したいと思います。



普通、私たちがお金を増やしたり、
収入を増やしたいと思えば、
仕事を増やすとか副業をするとか、
不動産を活用して家賃収入や地代収入を得るとか、
様々な方法が有ると思いますが、
最も簡単に考える事が出来るのは、
お金に働いてもらうことです。



これは、考えようによっては一番身近で簡単に、
資本が少なくてお金を増やしたり、
収入を増やしたり出来る方法の1つと思います。



例えば、
簡単に言えば私たちが銀行に預金した場合、
利息が付きますね。



つまりこれは、
自分のお金が仕事をした分の報酬ということです。



お金を預金する。
自分の手元から出す場合お金を働かせに
出すということです。



この場合、私はいつもお金は社員で、
私は経営者で社長と考えています。



そして、家計は会社です。
会社(家計)に利益を上げる場合には、
経営者(社長)の経営手腕と優秀な
社員の働きが無くてはいけませんね。



常に経営者(社長)は、
勉強したり情報を得たりしながら、
社員に的確に指示
を出せなければなりません。



同じように、
お金を働かすと言うことは
社員を働かすと言うことで、
自分が的確に指示を出す必要があります。



これは、
お金をどのような金融商品に幾ら、
どれぐらいの期間仕事をさせるかです。



ここで大切なのは、
社長は勉強し、情報を得る事が必要です。
それによって、会社の利益は変わってきます。



現在の預金だけを選択する社長であれば、
家計(会社)は赤字に転落するかも知れません。



皆さんも、
社長として優秀な社員に働いてもらえば如何でしょう?



「お金は社員」、「あなたは経営者」
少しお金について勉強し利益を上げましょう。



お金の勉強をしてチャレンジして下さい。
 


インターネット1対1&リアルタイム個別講座
「お金学院 e-LINE」




posted by インストラクター at 13:24| お金の勉強