2015年03月13日

お金が働くお金の勉強


私達は生活する所得を得るために働きますが、
その生活の為の家計分野についても、
昨今厳しい環境にあります。



それは、
社会、経済、労働環境の変化や社会保障制度
(年金や健康保険)、税制環境などの負担増などに
より圧迫されつつあります。



その中で、
生活を維持して行かなくてはならない以上、
自分たちの生活環境の中で調整することが求められます。



現在の社会環境からすると、
イメージ的には入ってくるお金より、
出ていくお金の方が大きく感じてしまいます。



過去の社会環境であれば、
人生の中のどこかで収支決算で余剰金が出来る計算で
したが、今日では、収支ゼロ、ややもするとマイナス
のままといったことさえ考えられます。



そうなると、
家計収支を自分たちのレベルで維持しようと思えば
現在の収入よりも、更に多くの収入が必要になります。



では、
その収入を増やそうと思えばどのようにすれば良いか。
多くの方が考えておられることです。



その為には、
労働所得を増やすか不労所得を増やすかの
いずれかの選択しかありません。



この場合、
労働所得を増やすためには自分自身が転職するか、
仕事量を増やすか、家族の労働所得を得るかと
いった選択になります。



また、
不労所得を得ようと思えば、
それなりのお金や不動産、特殊技術や特許技術などが
必要になります。



当然このようなことで収入を増やすことも
必要かも知れませんし、
正当な収入ですから良いと思います。



ここで、一つ忘れてはならないのは、
お金に仕事をしてもらうということもプラスして
考えることが必要ということです。 



お金が仕事をするということは、
お金を動かせばそこには利潤がついてまわるわけです
から、その方法さえ知ればこれも取得して得ることが
出来るものです。



つまり、
お金を働かすあなたは社長でお金は社員です。



この会社を儲かるようにするもの潰すのも社長次第です。



儲かる会社にするためには、
お金にどのような戦略で働いてもらえば収益が上がるか、
これが社長であるあなたの手腕ということになります。



その為には、
お金の勉強を基本として戦略を考え、
更にお金を営業に出す先、つまり金融商品の専門的勉強
をして頂くことで実績を得ることになります。



そして結果的には、
お金を動かすことの成果を得る事が出来ます。



今日の家計環境の中で、
お金に働いてもらうことの収入アップにも、
是非、目を向けて頂いて、
少しでも自分たちの夢や目標の達成に
役立てて頂きたいと思います。



お金の勉強したその日から、
あなたは変わります。



お金の勉強の詳しくは、お金学院で・・・
インターネット講座「日経新聞から学ぶお金の常識」



















posted by インストラクター at 17:42| お金の勉強